>オススメ情報>実践力が養える!湘南工科大学の魅力について迫る

実践力が養える!湘南工科大学の魅力について迫る

文房具

湘南工科大学は、基盤系学科と応用系学科の2系統6学科体制の大学です。専門技術を基礎から学ぶ場合は基盤系学科、主に技術を学ぶのが応用系学科になり、広い専門知識をしっかりと身につけることが可能です。就職希望の学生が希望通りの就職を行えるよう、大学が一丸となっているのが特徴で、徹底したキャリア教育を重視。在学中は一定の期間企業に出向くインターンシップを必修科目にしているので、より早く実践経験を積むことも出来ます。ビジネスで求められるのは、高度な情報技術や専門技術。各学科の基礎を始め、専門教育に対応したIT環境と設備を駆使した教育を行っているので、より早く実践的な技術が身につきます。工学教授と共に研究を進めることで創造的な技術者を育成し、人間的にも豊かな人材として世に送り出しています。

湘南工科大学が採用しているのは、「アクティブラーニング」という手法です。アクティブラーニングとは、学生が少人数で一つのプロジェクトを進めることで、学生側から能動的に学び取る授業スタイル。教員側から一方的に知識や技能を伝授するのではなく、あくまでも課題を見つけ解決するのは学生側が主体です。仕事を進めて行く過程で生じる様々な課題を自分たちの力で発見し、計画的に物事を進める知識や技能を作り上げることがその目的。一つの仕事成し遂げるには他者と協働は欠かせないことを知り、社会で本当に通用する技術者の育成を行います。講義で知った知識や技能は、実際に自分で実行してその結果を他者と共有することで、初めて定着するものです。一つ一つの授業で常にこのサイクルを実施することで、より実践的に学べる環境を提供しています。また、テーマに沿った情報の収集分析を行い、結果をプレゼンテーションすることで自ら学び取る力を身に付けます。すべては自分で能動的に考え、知識や理論を学ぶ技術を身につけることで、社会で活躍できる人材へと成長させます。

勉強