漢方を活用して自律神経失調症を改善しましょう

働きと摂取方法

錠剤

いろいろな働き

人間が健康的な生活を送る上で必須の成分があります。それはオルニチンです。オルニチンは食品としてはシジミに多く含まれている成分です。なぜオルニチンが重要なのかというと、アミノ酸を多く含んでいるからです。アミノ酸は肝臓機能を正常化させる働きがあります。肝臓機能は食べたものから栄養素を分解してそれを貯める機能があります。もし肝臓機能が低下してしまってきちんと働かなかったら、健康に悪影響を及ぼすことがあります。そのため、こうした機能の低下を防止するためにアミノ酸を多く含むオルニチンを摂取する必要があるのです。しかも、オルニチンはアンモニアの解毒作用もあります。アンモニアは体内に溜まると疲労の原因になるので、なるべく除去したいものです。

食品とサプリメント

オルニチンが含まれているのはシジミ、マグロ、ヒラメに非常に多く含まれています。1匹あたり10mgほど入っています。シジミであれば味噌汁の具として利用して食べるのも良いですし、他の魚であれば切り身にして食べるのも良いです。しかしながら、これらの食品を毎日食べることは難しいです。やはり味に飽きることが必ず伴います。そのため、そうしたことがないように、またオルニチンを確実に摂取するにはサプリメントで摂取することをおすすめします。1粒で数百匹分のシジミの効果があるものも販売されています。オルニチンは運動能力の向上という機能もあります。しかも、アルコールによる疲労回復効果もあります。オルニチンの効果は多岐にわたっているので取り入れておいて損はありません。